ワードアートで作成したロゴを参考にしてもらえる?

よくある質問(Q&A)-ロゴデザイン注文前の質問一覧
罫線:灰色

スポンサーリンク

ご質問

開業で会社ロゴが必要なため、Wordのワードアートでロゴのイメージを作成したのですが、これをデザインとしてカッコよくしてもらうという依頼はできますか?(名刺、アプリ、WEB、SNSで使う予定です)

ご回答

開業のためにお客様ご自身で、Wordのワードアート等でロゴイメージを作成され、そちらをバランス的に整える・格好よくするというご依頼も可能です。ロゴマークご注文フォームにその画像データを添付してください。

ワードアートで作成したロゴからのデザイン

ワードアート等のソフト以外に、手書きのラフ画(ラフスケッチ)などをお送りいただく事もございますが、そちらをデザイン的にまとめるということも行っております。

手書きのラフ画の場合は、「何をモチーフにして描いたか?」「どういう意図でそのようなデザインにされたのか」お知らせください。作成されたロゴが何を意味しているか?を伝えていただくと、こちらでバランスをまとめやすくなります。

また、会社のコーポレートカラーやホームページで使う色といった、完全に決定している事項がございましたらお知らせください。その色に合わせて作成するなど対応させていただきます。

また、制作中のWEBサイトのスクリーンショットも差し支えなければお送り下さい。その他、ご要望がございましたらご注文フォームにご入力ください。図案の形状についてのご希望は作成前にお知らせください。色の変更は後からでも可能です。

オフィスソフトや手書きで作成したもの以外にも、当店で確認できればご対応が可能な場合もございますので、画像や写メなどをお送りください。

例:ペイントソフトで作成したもの。手書きのラフスケッチを写真に撮ったものなど。

コロナ渦で、WEB・SNS・アプリ等で使用するのでロゴを作りたいというお客様も増えております。一度ロゴのデータを作ってお持ちになっていれば、ウェブサイトでのご使用はもちろん、名刺や封筒などの作成にもご使用いただけます。

納品ファイル形式はAI・EPS・PSD・JPG(CMYK)・JPG(RGB)・PNG・PDFの計7種類です。(全て納品いたします。)

AIデータはロゴのマスターデータとなるものですので、大切に保管なさってください。AIとEPSはイラストレーターのデータとなります。Adobe(アドビ)のIllustratorというデザインソフトでしたら色の変更などの編集が可能です。

イラストレーターはAdobeの有料ソフトです。購入してもすぐに使うことが難しいものですので、購入を検討のお客様はご自身でよくお調べください。当店でソフトの使い方の講習は行っておりません。

今回、ロゴデザイン専門店のロゴエキスパート(LOGOexpert)にお問合せいただいた「ワードアートで作成したロゴを参考にしてもらえる?」のご質問のほか、ロゴ作成に関する専門知識、サービス内容等に関するご質問がございましたら、豊富なキャリアをもつロゴマーク専門デザイナーが回答いたします。ロゴ作成にあたるデザイナーは、行政機関・大手企業・教育機関・医療機関への制作実績がございますのでご安心ください。初めて会社を起業・開業されるお客様からの素朴な疑問にも回答しております。 ※ロゴマークの著作権などの知的財産全般についてのご相談は承っておりません。

罫線:灰色

ロゴデザインを安心してご依頼いただけるよう、上記の「開業で会社ロゴが必要なため、Wordのワードアートでロゴのイメージを作成したのですが、これをデザインとしてカッコよくしてもらうという依頼はできますか?(名刺、アプリ、WEB、SNSで使う予定です) (ロゴデザイン注文前の質問一覧)」の質問に回答させていただきました。また、下部に他の質問へのリンクもございます。ロゴ注文前・発注前にご不明な点がございましたら、ロゴエキスパートのお問合せフォームまたは通話料無料のフリーダイヤルよりお気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました