蛍光色のロゴデザイン制作の発注はできる?

よくある質問(Q&A)-ロゴデザイン注文前の質問一覧
罫線:灰色

スポンサーリンク

ご質問

明るい色でロゴを作りたいのですが、蛍光っぽい緑色など蛍光色のロゴデザインは発注できますか?

ご回答

蛍光っぽい色、蛍光色を使用したロゴデザイン制作についてご案内します。

蛍光色を使用したロゴデザイン制作

蛍光っぽい色を表現するためには「特色(スポットカラー)」を使用しなければなりませんが、当店ではCMYKの色数値によるロゴデザイン制作を行っているため、特色、DIC、PANTONEなどに色変換はしておりません。(具体的には蛍光色、金・銀・銅などのメタリックカラー、パステルカラーなどには対応しておりません。)

そのため、例えばお客様に緑色のロゴデザインをご提案させていただいたとします。ご確認いただいたお客様から「ロゴマークの色をもう少し明るく、蛍光っぽい緑色にしてほしい」というご要望があった場合は、蛍光にはできないため、明るい感じにするために少し黄色っぽい色(色でいうと黄緑色)にしたり、グラデーションをかけて明るい印象にするなど、別の方法でご提案いたしております。

印刷物はCMYK、プロセスカラーが一般的

印刷物は通常CMYK(シアン、イエロー、マゼンタ、ブラック)というプロセスカラーインキの掛け合わせで印刷するのが一般的です。CMYKは、混ぜれば混ぜるほど色が暗くなります。

CMYKでは蛍光色、金色(ゴールド)、銀色(シルバー)、銅のようなメタリックな色やパステルカラー等は表現しきれないため特色印刷となります。※特色は既に出来上がっている色(既に調合された色)です。既に作られた色の中から色を選ぶ形となります。ただし、特色に対応している印刷所や業者が少ないためお薦めしません。

特色ではDICカラーが有名ですが、DICカラーガイド(色見本帳)を見て依頼した場合でもカラーガイドの紙(アート紙)と実際に印刷する紙が異なれば色味は少し違ってきます。

また、そういったカラーガイドも経年劣化・経時劣化で実際の色とは違ってくることがあるため、刷り上がった印刷物が手元に送られてきたとき、思っていた色と違うということがございます。(印刷所の持っているカラーガイドとご自身の持っているカラーガイドの保管状態により誤差が生じる場合もございます。)

また、DICカラーガイドの何版の何番と指定しても、カラーガイドの版によって色味が少し異なる場合があります。当店ではDIC等の特色でのロゴマーク作成・印刷には対応しておりませんが、特色で印刷を考えている方の参考になれば幸いです。

ちなみにCMYKの場合も、同じデータで印刷所に依頼しても用紙の種類が違ったり、印刷方法(オンデマンド印刷、オフセット印刷など)が違えば色味は若干異なります。赤が黒になるとかそういった極端な変化があるということではございませんが、あらかじめご了承ください。

今回、ロゴデザイン専門店のロゴエキスパート(LOGOexpert)にお問合せいただいた「蛍光色のロゴデザイン制作の発注はできる?」のご質問のほか、ロゴ作成に関する専門知識、サービス内容等に関するご質問がございましたら、豊富なキャリアをもつロゴマーク専門デザイナーが回答いたします。ロゴ作成にあたるデザイナーは、行政機関・大手企業・教育機関・医療機関への制作実績がございますのでご安心ください。初めて会社を起業・開業されるお客様からの素朴な疑問にも回答しております。 ※ロゴマークの著作権などの知的財産全般についてのご相談は承っておりません。

罫線:灰色

ロゴデザインを安心してご依頼いただけるよう、上記の「明るい色でロゴを作りたいのですが、蛍光っぽい緑色など蛍光色のロゴデザインは発注できますか? (ロゴデザイン注文前の質問一覧)」の質問に回答させていただきました。また、下部に他の質問へのリンクもございます。ロゴ注文前・発注前にご不明な点がございましたら、ロゴエキスパートのお問合せフォームまたは通話料無料のフリーダイヤルよりお気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました