社旗のロゴから印刷で使えるデータは作成できる?

よくある質問(Q&A)-ロゴデザイン注文前の質問一覧
罫線:灰色

スポンサーリンク

ご質問

会社の既存ロゴマークが入っている社旗の写真データから、印刷で使えるデータを作成してもらうことはできますか?

ご回答

「社旗」・「のぼり旗」などの旗に印刷されている会社の既存ロゴマークから、印刷で使えるデータを作成することも可能です。

のぼり旗や社旗のロゴマークからのデータ作成

既存ロゴマークのデータ作成のご依頼は、当店が運営しているロゴデータ作成専門サイトロゴ作より承っております。

データ化されるロゴの写真をご用意いただく際は下記にご注意ください。

・解像度の設定が出来る方は、デジカメやスマホの解像度を少し高めに設定してからお撮りください。ご参考:300dpi~400dpi程度(高くても600dpiまでで結構です。)

・デジカメやスマホの操作が苦手な方は、撮影した写真データをそのままフォームに添付してお送りください。(そのデータからロゴデータ作成が可能か確認させていただきます。)

・ロゴの真正面から歪みのないよう撮影してください。必ず「真正面から」を意識していただき、斜めの角度からにならないようご注意ください。斜めからの撮影ですと、ロゴに歪みが生じるため、もとの図案・形状が分かりにくくなり再現性が落ちてしまう場合がございます。

・社旗やのぼり旗の折り目は出来るだけ伸ばしてください。ロゴマークのトレース(描き起こし)作業では、ご提供いただいたロゴの画像データを下に引いて、グラフィックデザインソフトのIllustratorで上からなぞるような形でトレースを行うため、布に折り目が強く残っていた場合、実際のロゴデザインと若干異なる仕上がりとなる場合がございます。

また、旗が風に揺れている写真データからはデータ化できかねます。のぼり旗や社旗といった旗のデータ以外に、印刷物(名刺、封筒、チラシ、会社案内など)に印刷されているロゴからもデータ化は可能です。

データ作成後の納品ファイル形式が豊富

納品時のファイル形式ですが「AI・EPS・PSD・JPG(CMYK)・JPG(RGB)・PNG・PDFの計7種類」のファイル形式で納品させていただきます。ファイル形式が大変多いため、お客様からご好評いただいております。

今回、ロゴデザイン専門店のロゴエキスパート(LOGOexpert)にお問合せいただいた「社旗のロゴから印刷で使えるデータは作成できる?」のご質問のほか、ロゴ作成に関する専門知識、サービス内容等に関するご質問がございましたら、豊富なキャリアをもつロゴマーク専門デザイナーが回答いたします。ロゴ作成にあたるデザイナーは、行政機関・大手企業・教育機関・医療機関への制作実績がございますのでご安心ください。初めて会社を起業・開業されるお客様からの素朴な疑問にも回答しております。 ※ロゴマークの著作権などの知的財産全般についてのご相談は承っておりません。

罫線:灰色

ロゴデザインを安心してご依頼いただけるよう、上記の「会社の既存ロゴマークが入っている社旗の写真データから、印刷で使えるデータを作成してもらうことはできますか? (ロゴデザイン注文前の質問一覧)」の質問に回答させていただきました。また、下部に他の質問へのリンクもございます。ロゴ注文前・発注前にご不明な点がございましたら、ロゴエキスパートのお問合せフォームまたは通話料無料のフリーダイヤルよりお気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました