ロゴはコロコロ変えられない|高品質、提案無料、キャンセル無料【ロゴエキスパート】

ロゴマーク作成に関するデザインの知識

ロゴはコロコロ変えられない

ロゴマーク作成の知識の「ロゴはコロコロ変えられない」のイメージ

1度決めたら、そうコロコロとは変えられないロゴマーク。今後、開業・起業予定で、これからロゴを作成しようか迷われている方のために、「ロゴを持つこと」についてお知らせしたいと思います。

ロゴマーク(シンボルマークとも言う)や、ロゴタイプ(ロゴの企業名部分)は、あなたの会社をそのデザイン1つで表現するものです。そのため、まずはロゴを使用することによって何を訴えたいのかを明確にしましょう。そして「このロゴマークを何に使いたいか?」また、このロゴマークが「どこでどんな風に使われるか?」をイメージして下さい。

ユーザーが持つ企業のイメージは、提供する商品やサービス、宣伝、広告、ロゴマークデザインや口コミなど、複数の情報媒体を介し顧客の心をつかみ定着していきます。企業のオリジナリティや商品開発力のアピールをはじめ、将来の方向性、事業戦略、市場戦略のすべてにおいてロゴマークは大変効果的です。企業コンセプトをベースにしたロゴマークデザインでその全体をマネジメントし、企業のイメージをより良くしていくことが重要です。ビジュアルを使えば、人々に直感的かつストレートに訴えかけることができます。「ビジュアルは言葉以上に説得力を持つものである」ということを、ぜひ知っておいてください。

日本人は、(例えが分かりやすいので)アメリカ人と比較すると、アピール力や、プレゼンテーション力が低いと言われています。商品自体は優れたものであっても、それを「魅せる」力がなければ商品の良さが正しく伝わらず、結局商品は売れ残ってしまいます。 「自分自身をよく魅せる」ことは誰もが日常的にされていることだと思いますが、こと企業となると「企業を魅せる…どうやって?」とその手法が分からない方も多いのではないでしょうか?

うまくいかない方のなかで割と陥りがちなのが、「自社のここが良い」「自社のこの商品は良い」「この魅せ方で伝わるはずだ」と、単に自社の言いたいことだけを述べたり、自社なりの魅せ方にこだわってしまうケースです。 単に長所をアピールするだけでなく、それと同時に欠点を洗い出して、なぜ売れないのか?を掘り下げていく作業もぜひ行ってください。それらが済んだ段階で魅せ方を考えると良いです。といっても、チラシをただやみくもに配ったりするのではなく、その前の段階で炙り出した「これなら売れそう」な要素をもとにターゲットを絞って、そのターゲットに一番訴求効果のある方法を考え魅せるプレゼン=営業をかけるのです。よく「構想何年」などと言いますが、何事も企画段階が重要です。そうするとブレない企業活動が出来るでしょう。

少々脱線しましたが…まとめると、企業を表現したロゴを作成し、それを上手く取り入れたビジネスツールや販促物を使い、企業や商品を「魅せる」努力をするということです。そうすることによって人々に定着し、認知度も高まります。大企業ではイメージ戦略上、ロゴのリニューアルをすることはよくある話なのですが、開業・起業される個人の方などは、最初に本当に納得のいくロゴを1つ作ってしまえば、後はそれを使い続ければ良く、安易にロゴをリニューアルする必要はないと思います。良いものを長く使って企業を覚えてもらうことが大切です。

ロゴマーク購入やデザイン依頼の時に知っておきたいポイント
ロゴマークとロゴタイプ
ロゴマークとロゴタイプについて

ロゴマークを購入する際、「どの部分がロゴマークなの?」「ロゴタイプって何?」といったことにならないための、重要なポイントになるページです。

ロゴマークのデータ
データ形式の種類について

ロゴマークや一般的なデザインデータには、聞き慣れないデータ形式が使用されます。納品後の扱いなどに困らないように抑えておきたいポイントです。

ロゴマークのカラーモード
カラーの種類(カラーモード)について

デザインデータは、「印刷時に使用するカラー」と「WEBサイトに使用するカラー」では、同じ色でも種類ごとに使い分ける必要があります。

ロゴのビットマップデータとベクトルデータ
ビットマップデータとベクトルデータ

「ロゴマークを拡大すると、画像(写真)データのようにギザギザになるの?」といった疑問も、「ビットマップとベクトル」を知っていれば問題ありません。

ロゴマークの入稿方法
ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴデータの納品後、お客様が印刷所などの業者にデータを渡すときに困らないよう「受け渡しのポイント」を紹介しています。

ロゴマークの商標登録と著作権
ロゴの商標登録と著作権について

「ロゴの商標登録って簡単にできるの?」「ロゴの著作権って誰にあるの?」といった、ちょっと難しいけれど知っておきたいポイントです。

パソコンからのロゴマーク製作の依頼はこちら ファックスからのロゴ製作の依頼はこちら ロゴマーク販売サイトのご利用が始めての方はこちら
ページの最初に戻る
ロゴのlogoexpert