データ形式の種類について|高品質、提案無料、キャンセル無料【ロゴエキスパート】

ロゴマーク作成の依頼時に知っておきたいポイント

データ形式の種類について

ロゴマーク依頼時に知っておきたい「データ形式の種類について」のイメージ

デザインのデータは、通常オフィスで使用するものとは少々違います。例えば、当店でロゴマークやロゴタイプを購入していただいたお客様へ、ロゴのデータをCD-Rに収録してお送りしております。名刺、封筒、チラシ、看板、ホームページ、またはワードやエクセル等で書類を作るときなど、ロゴを入れたいと思ったらそのデータをお使いいただきます。ただし、普段は見慣れない拡張子のファイルもあるかと思いますので、ここで簡単にご説明させていただきたいと思います。

■AI(エーアイ)形式…拡張子ai
Adobe(アドビ)社のIllustrator(イラストレーター)で作成したデザインデータを保存する際のファイル形式です。イラストレーターはロゴマークをはじめ、名刺、チラシ、パンフレット、ポスターなど様々なものをデザインする際によく使用されているソフトです。印刷業者などの多くは、通常このAI形式でデータ入稿を受け付けています。AI形式で保存されたデータは、Adobe(アドビ)社のIllustrator(イラストレーター)がインストールされていないと見ることはできません。拡大・縮小しても画像が劣化しないので、名刺のような小さいものから看板等の大きいものまで様々な大きさで使用できます。

■EPS(イーピーエス)形式…拡張子eps
Illustratorで保存されEPS形式はDTPでよく使用されています。高解像度の出力ができ、プレビュー用の画像も合わせて保存をするので、PSDに比べてデータは重くなってしまいます。画像や文章を異なるソフトやコンピュータ間で同じように描画するためのファイル形式です。

■PSD(ピーエスディー)形式…拡張子psd
Adobe(アドビ)社のPhotoshop(フォトショップ)で使用されるビットマップ画像形式。写真の編集に使われるソフトとしてご存知の方も多いと思いますが、CGイラストやパチンコ店の広告等の作成にも幅広く使用されています。PSD形式で保存されたデータは、Adobe(アドビ)社のPhotoshop(フォトショップ)がインストールされていないと見ることはできません。

■PNG(ピング)形式…拡張子png
JPEGと同じようにフルカラーが使用できますが、ファイルサイズがJPGより大きくなります。画像を透過させることもできるので、PNG画像の下に背景画像を敷くこともでき便利です。ホームページ制作に使用される画像ファイル形式です。色数の少ない画像では、JPG形式に比べてファイルサイズを軽くできクリアに表現できます。

■JPG(ジェイペグ)形式…拡張子は.jpgまたは.jpeg
ホームページ制作時やデジカメに使われている、写真等によく使用される画像圧縮形式です。目には見えにくい色を省きデータを圧縮することにより、ファイルサイズを小さくしています。1,670万色までの色数を扱うことができるので、写真のように色数の多い写真画像を保存するのに適しています。

ロゴマーク購入やデザイン依頼の時に知っておきたいポイント
ロゴマークとロゴタイプ
ロゴマークとロゴタイプについて

ロゴマークを購入する際、「どの部分がロゴマークなの?」「ロゴタイプって何?」といったことにならないための、重要なポイントになるページです。

ロゴマークのデータ
データ形式の種類について

ロゴマークや一般的なデザインデータには、聞き慣れないデータ形式が使用されます。納品後の扱いなどに困らないように抑えておきたいポイントです。

ロゴマークのカラーモード
カラーの種類(カラーモード)について

デザインデータは、「印刷時に使用するカラー」と「WEBサイトに使用するカラー」では、同じ色でも種類ごとに使い分ける必要があります。

ロゴのビットマップデータとベクトルデータ
ビットマップデータとベクトルデータ

「ロゴマークを拡大すると、画像(写真)データのようにギザギザになるの?」といった疑問も、「ビットマップとベクトル」を知っていれば問題ありません。

ロゴマークの入稿方法
ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴデータの納品後、お客様が印刷所などの業者にデータを渡すときに困らないよう「受け渡しのポイント」を紹介しています。

ロゴマークの商標登録と著作権
ロゴの商標登録と著作権について

「ロゴの商標登録って簡単にできるの?」「ロゴの著作権って誰にあるの?」といった、ちょっと難しいけれど知っておきたいポイントです。

パソコンからのロゴマーク製作の依頼はこちら ファックスからのロゴ製作の依頼はこちら ロゴマーク販売サイトのご利用が始めての方はこちら
ページの最初に戻る
ロゴのlogoexpert