ロゴマーク・ロゴデザインの作成【ロゴエキスパート】

ロゴマーク作成以外の販促物などのデザイン知識について

ロゴを作ったのに活用できないのは何故?

デザイン作成の知識「ロゴを作ったのに活用できないのは何故?」のイメージ

納得のいくロゴマークが完成したら、その後が大事!ここでは、今まで当店で実際にあった事例を挙げて購入後のロゴの使用についてイメージしていただければと思います。

オリジナルのロゴマークを作成したのは良いけれど、「もっとうまく活用できないですか?」「ワードやエクセルで書類を作ろうと思ったら入れたい位置に入れられなくて」「自分でチラシを作ってみたけれど、何かいまいちで…」といったお声を時々伺います。

また、ロゴを作成して終わりの激安なデザイン販売会社や、テンプレート・カタログ等の選ぶだけロゴ販売サイトなどは、販売後のサポートが満足に受けられなかったというお客様もいらっしゃいました。なかには「割と親切だったんですが、電話対応がなくメール対応のみで、返事がすぐに返ってこなかったんですよ。でもそちら(当店)は、電話対応もあってすぐ対応してもらえたので助かりました。」というお客様からの有難いお声を頂きました。

「ロゴを販売したら終わり。後は勝手に使ってください。」では、ロゴを作成・販売する立場として無責任。自分たちの儲けに重りが傾いているんですね。デザインが出来ない、印刷についてよく知らないといった理由から、お客様はデザイン会社やロゴ販売サイトを利用している訳ですから、当店ではデータを納品させていただいた後も、出来る限りサポートやアドバイスをさせていただくことが重要だと考えています。

WordやExcelへのロゴマーク挿入の仕方や、チラシへ入れるときの適切なロゴのサイズ・配置など。印刷・看板業者へのデータ入稿なども、ご相談いただければ「アドバイス・お手伝い」させていただきます。 「筆文字ロゴでチームのステッカーを作りたい」「会社のユニフォームにするポロシャツにロゴを印刷したい」「ホームページやブログには、どのロゴデータを使えばいいですか?」など、お客様からの素朴なご質問・ご要望にお答えしてまいりました。なかには特殊な活用をされたいというお客様もいらっしゃり、お調べした結果不可能だったこともありましたが、当店も大変勉強になりますので「こんな些細なこと聞いていいのかな?」と思わずに何でもお聞きください。
活用していただくことで、お客様自身も喜びが増え、大切なロゴを活かせます。 時には、「こうした方がもっと良いですよ」「その使い方はちょっと違います」とアドバイスをさせて頂く事もあるかと思いますが、全てはお客様とロゴのためですのでご了承いただけると幸いです。

ロゴマーク購入やデザイン依頼の時に知っておきたいポイント
ロゴマークとロゴタイプ
ロゴマークとロゴタイプについて

ロゴマークを購入する際、「どの部分がロゴマークなの?」「ロゴタイプって何?」といったことにならないための、重要なポイントになるページです。

ロゴマークのデータ
データ形式の種類について

ロゴマークや一般的なデザインデータには、聞き慣れないデータ形式が使用されます。納品後の扱いなどに困らないように抑えておきたいポイントです。

ロゴマークのカラーモード
カラーの種類(カラーモード)について

デザインデータは、「印刷時に使用するカラー」と「WEBサイトに使用するカラー」では、同じ色でも種類ごとに使い分ける必要があります。

ロゴのビットマップデータとベクトルデータ
ビットマップデータとベクトルデータ

「ロゴマークを拡大すると、画像(写真)データのようにギザギザになるの?」といった疑問も、「ビットマップとベクトル」を知っていれば問題ありません。

ロゴマークの入稿方法
ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴデータの納品後、お客様が印刷所などの業者にデータを渡すときに困らないよう「受け渡しのポイント」を紹介しています。

ロゴマークの商標登録と著作権
ロゴの商標登録と著作権について

「ロゴの商標登録って簡単にできるの?」「ロゴの著作権って誰にあるの?」といった、ちょっと難しいけれど知っておきたいポイントです。

パソコンからのロゴマーク製作の依頼はこちら ファックスからのロゴ製作の依頼はこちら ロゴマーク販売サイトのご利用が始めての方はこちら
ページの最初に戻る
ロゴのlogoexpert