ロゴマーク・ロゴデザインの作成【ロゴエキスパート】

ロゴマーク作成を依頼するデザイン会社の失敗しない選び方

信用できるロゴマーク制作会社の選び方

ロゴマーク作成に失敗しない制作会社選び「ロゴマーク制作会社の選び方」イメージ

初めてロゴマークを作る際、「なるべくならロゴマークにかける費用を抑えたい」と思われる方がほとんどではないかと思われます。しかし費用を中心に選んでしまうと、サービス内容や利用規約上で制限があり、後々になって後悔することになるかもしれませんのでご注意ください。

ロゴエキスパートの価格設定は決して「激安価格」(1万円を切るようなデザイン料金)ではございません。激安価格のデザイン会社やコンペ形式のロゴ制作では、価格を抑えるために真の利用目的に合わないデザインを販売しておられるところも見聞きします。

そのような会社に制作を依頼し、お客様ご自身の真の目的が達成できると判断されるのなら宜しいのですが、通常ロゴマークは、「企業イメージ(又は商品イメージ)」「使用目的」「利用用途」などを踏まえたうえで作成するものです。ですので焦らず慎重にご検討ください。

さて、少し堅苦しいお話になってしまいましたが、上記以外にも信用できるロゴマーク制作会社の選び方のポイントがあります。ロゴマークのショップを検討される際、「価格」「デザイン」「サービス内容」等で検討されている方が多いかと思いますが、いま検討されているショップは大丈夫でしょうか?どんなに良いデザインでロゴマークを作成しても、誤った使い方をすると、もったいないことに効果が半減してしまいます。

例えば、濃紺ベースのスタイリッシュなデザインを作成して、お客様も大変気に入ったデザインがあるとしましょう。しかし作成後、いざロゴマークを使用して簡単な書類を作成した場合、茶色の用紙に目立つ赤文字で見出し文をのせて商品紹介の写真を載せたとします。想像するとお分かりかと思いますが、少しおかしくはないでしょうか?また、ホームページの左上部分に比率を変えて大きく使用したり、ロゴを縮小しすぎて文字部分が潰れてしまったり…。

つまり、デザイン会社でどんなに良いロゴマークを作成しても使い方を誤ると、バランスが悪くなったり読みにくくなったりして伝わりにくくなり、効果が薄れてしまうというわけです。例えば家電製品1つ購入した場合でも、説明書に使用方法や注意書きが書かれているように、ロゴマークも扱い方には注意点があります。効果を引き出す・引き出さないは扱い方次第です。つまり、ロゴを生かすも殺すも使う人次第なのです。せっかく大事なお金を払って購入するものです。もったいないのでどんどん使ってくださいね。

長くなりましたが、そういったロゴの効果半減を解消するため、ロゴエキスパートの「ロゴマーク作成プラン」又は「筆文字ロゴ作成プラン」でご注文いただいたお客様には、納品後(取引終了後)もデータの使い方のご相談を承っています。「良いデザイン」を「より良い方法」でご使用いただくためのアドバイスをさせていただきます。「もう取引が終了したから聞きづらい」とは思わないで下さい。 制作させていただいたロゴマークが、「企業のイメージアップ」「店舗の集客アップ」「売上げアップ」といった成果につながることが私共の何よりの喜びです。

そのため、少しおかしい部分があった場合や、誤った使用をされている際は、「違います」と言わせていただくこともございますがご了承ください。全てはお客様のためです。制作したデザインには責任を持ってアドバイスさせていただきます。

また、「ロゴマークを作成したらそれで終わり」とは思っておりません。むしろロゴマークが仕上がってからが本当のスタートと考えております。例えば、ロゴマークが持つ力を最大限に発揮するための「名刺の選定」や「カラーの組み合わせ」など。ロゴエキスパートは、お客様にとって一番近くでデザイン戦略を支える存在でありたいと考えております。信用・信頼されるデザイン事務所となれるよう努力してまいりますので、お気軽にご相談ください。

ロゴマーク購入やデザイン依頼の時に知っておきたいポイント
ロゴマークとロゴタイプ
ロゴマークとロゴタイプについて

ロゴマークを購入する際、「どの部分がロゴマークなの?」「ロゴタイプって何?」といったことにならないための、重要なポイントになるページです。

ロゴマークのデータ
データ形式の種類について

ロゴマークや一般的なデザインデータには、聞き慣れないデータ形式が使用されます。納品後の扱いなどに困らないように抑えておきたいポイントです。

ロゴマークのカラーモード
カラーの種類(カラーモード)について

デザインデータは、「印刷時に使用するカラー」と「WEBサイトに使用するカラー」では、同じ色でも種類ごとに使い分ける必要があります。

ロゴのビットマップデータとベクトルデータ
ビットマップデータとベクトルデータ

「ロゴマークを拡大すると、画像(写真)データのようにギザギザになるの?」といった疑問も、「ビットマップとベクトル」を知っていれば問題ありません。

ロゴマークの入稿方法
ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴデータの納品後、お客様が印刷所などの業者にデータを渡すときに困らないよう「受け渡しのポイント」を紹介しています。

ロゴマークの商標登録と著作権
ロゴの商標登録と著作権について

「ロゴの商標登録って簡単にできるの?」「ロゴの著作権って誰にあるの?」といった、ちょっと難しいけれど知っておきたいポイントです。

パソコンからのロゴマーク製作の依頼はこちら ファックスからのロゴ製作の依頼はこちら ロゴマーク販売サイトのご利用が始めての方はこちら
ページの最初に戻る
ロゴのlogoexpert