ロゴマーク・ロゴデザインの作成【ロゴエキスパート】

ロゴマーク作成の依頼時に知っておきたいポイント

ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴマーク依頼時に知っておきたい「ロゴデータの受け渡し方法について」のイメージ

当店ではロゴマークやロゴタイプをご購入いただいたお客様へ、通常、以下の形式のデータをCD-Rに収録してお送りしております。

収録データファイル形式
■AI(エーアイ)
■EPS(イーピーエス)
■PSD(ピーエスディー)
■PNG(ピング)
■JPG(ジェイペグ)

あまり聞きなれないデータ形式もあったのではないかと思いますが、ロゴを使用した印刷物・販促物などをご自身で作られる場合は、このCD-Rに入っているデータを印刷業者へデータ入稿して制作を依頼します。

様々あるデータ形式の中でも、印刷業者の大半で使用されているのが「AI(エーアイ)形式」です。AI形式は、拡大・縮小しても画像が劣化しないため、名刺のような小さいものから看板等の大きいものを制作するときまで、印刷業者で一般的に利用されています。それ以外ではPSD形式で入稿の場合もあります。※実際にどのデータ形式で入稿すれば良いかは、業者によって違いますので業者へ直接ご確認ください。

データ入稿は、メールや入稿用の専用フォームで送信するなど、主にインターネット経由による方法がとられています。CD-Rはデザインデータの入った原本となりますので、基本的には業者には送らずお手元にお持ちになり大切に保管なさってください。郵送中に破損してしまうことなども考えられます。万が一CD-Rを破損させてしまったという場合は1枚1,000円にて再発行を承っております。

なお、AI形式で保存されたデータは、Adobe(アドビ)社のIllustrator(イラストレーター)がインストールされていないと見ることはできません。また、PSD形式で保存されたデータも、Adobe(アドビ)社のPhotoshop(フォトショップ)がインストールされていないと見ることはできませんのでご了承ください。

AI形式以外の各データ形式の種類につきましては、こちらのページでもご説明しておりますのでご参考になさってください。 当店では「名刺・封筒などのビジネスツール」「チラシ・ポスターなどの販促物」「リーフレットやパンフレットなどの各種印刷物」の制作を行っております。「デザイン→データ入稿→印刷→納品」まで承っておりますので、業者への依頼がご不安な場合や初めての方は、ぜひご利用ください。ロゴマークを活かしたオリジナルデザインの制作物をご提供させていただきます。

ロゴマーク購入やデザイン依頼の時に知っておきたいポイント
ロゴマークとロゴタイプ
ロゴマークとロゴタイプについて

ロゴマークを購入する際、「どの部分がロゴマークなの?」「ロゴタイプって何?」といったことにならないための、重要なポイントになるページです。

ロゴマークのデータ
データ形式の種類について

ロゴマークや一般的なデザインデータには、聞き慣れないデータ形式が使用されます。納品後の扱いなどに困らないように抑えておきたいポイントです。

ロゴマークのカラーモード
カラーの種類(カラーモード)について

デザインデータは、「印刷時に使用するカラー」と「WEBサイトに使用するカラー」では、同じ色でも種類ごとに使い分ける必要があります。

ロゴのビットマップデータとベクトルデータ
ビットマップデータとベクトルデータ

「ロゴマークを拡大すると、画像(写真)データのようにギザギザになるの?」といった疑問も、「ビットマップとベクトル」を知っていれば問題ありません。

ロゴマークの入稿方法
ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴデータの納品後、お客様が印刷所などの業者にデータを渡すときに困らないよう「受け渡しのポイント」を紹介しています。

ロゴマークの商標登録と著作権
ロゴの商標登録と著作権について

「ロゴの商標登録って簡単にできるの?」「ロゴの著作権って誰にあるの?」といった、ちょっと難しいけれど知っておきたいポイントです。

パソコンからのロゴマーク製作の依頼はこちら ファックスからのロゴ製作の依頼はこちら ロゴマーク販売サイトのご利用が始めての方はこちら
ページの最初に戻る
ロゴのlogoexpert