ロゴマーク・ロゴデザインの作成【ロゴエキスパート】

ロゴマーク作成の依頼時に知っておきたいポイント

カラーの種類(カラーモード)について

ロゴマーク依頼時に知っておきたい「カラーの種類(カラーモード)について」のイメージ

カラーの種類(カラーモード)について 色の表現方法(カラーモード)の種類には、よく使うものに「CMYK」と「RGB」があります。印刷用とウェブ用で使用するカラーモードが違いますので、用途によって適切に使い分ける必要があります。用途に応じたカラーモードを使用しないと、写真や画像の印刷時などに失敗を招くことになりますので注意しましょう。

カラーモードには大きく分けて「CMYK」と「RGB」の2つがあります。皆さんもお聞きになったことがあるのではないでしょうか。

■CMYKとは
CMYKとは、よく「色の3原色」と呼ばれ、「Cyan(シアン)」「Magenta(マゼンタ)」「Yellow(イエロー)」に「Black(ブラック)」という4色のインクの組み合わせで表現されるカラーモードです。CMYで全ての色を表現は出来るのですが、この3つの色だけでは完全な黒を表現できないため、CMYの3色に純粋な黒を加えてCMYKというカラーモードとなっています。商業印刷、印刷物、カラーコピー、プリンタ等、印刷で主に使用される方法で、光を反射することによって人間の目に認識されます。3色全てが100%で重なると黒となり、それぞれの色のパーセンテージを白色から引くことによって表現するので「減法混色」といいます。

■RGBとは
RGBとは、「光の3原色」と呼ばれ、赤青緑の光の強弱で表現する方法です。「Red(レッド)」「Green(グリーン)」「Blue(ブルー)」の頭文字をとってRGBといい、これら3色の組み合わせで表現されます。3色全てが100%で重なると白となり、それぞれの色のパーセンテージが上がるほど白へ近づいていくこの組み合わせの方法を「加法混色」といいます。WEBなどのモニタ、ディスプレイ、テレビ、デジタルカメラ、スキャナなど、主にデジタルのデータを表示する際に使われます。しかし、厳密に言いますと、同じRGBで表現する機器でも、メーカーや機器の種類などにより、色の見え方には若干の差が生じることがありますので踏まえておいた方が良いでしょう。

■注意点
通常、市販の家庭用インクジェットプリンタではRGBで印刷を行いますので、印刷所に出す場合はCMYKに変換しなければいけませんが、RGBとは色味が多少変わりますので注意が必要です。(市販の家庭用インクジェットプリンタは、CMYKよりも濃く印刷されることが多いため) カラーモードの違いにより、RGBではきれいに見えていた色でも、CMYKにすると色が沈んだり、褪せたようなくすんだ感じになることがあります。 色の表現もこれら2つのカラーモードを抑えておけば、仕事や家庭で印刷をするときにも焦らずにすみますのでお役立てください。

ロゴマーク購入やデザイン依頼の時に知っておきたいポイント
ロゴマークとロゴタイプ
ロゴマークとロゴタイプについて

ロゴマークを購入する際、「どの部分がロゴマークなの?」「ロゴタイプって何?」といったことにならないための、重要なポイントになるページです。

ロゴマークのデータ
データ形式の種類について

ロゴマークや一般的なデザインデータには、聞き慣れないデータ形式が使用されます。納品後の扱いなどに困らないように抑えておきたいポイントです。

ロゴマークのカラーモード
カラーの種類(カラーモード)について

デザインデータは、「印刷時に使用するカラー」と「WEBサイトに使用するカラー」では、同じ色でも種類ごとに使い分ける必要があります。

ロゴのビットマップデータとベクトルデータ
ビットマップデータとベクトルデータ

「ロゴマークを拡大すると、画像(写真)データのようにギザギザになるの?」といった疑問も、「ビットマップとベクトル」を知っていれば問題ありません。

ロゴマークの入稿方法
ロゴデータの受け渡し方法について

ロゴデータの納品後、お客様が印刷所などの業者にデータを渡すときに困らないよう「受け渡しのポイント」を紹介しています。

ロゴマークの商標登録と著作権
ロゴの商標登録と著作権について

「ロゴの商標登録って簡単にできるの?」「ロゴの著作権って誰にあるの?」といった、ちょっと難しいけれど知っておきたいポイントです。

パソコンからのロゴマーク製作の依頼はこちら ファックスからのロゴ製作の依頼はこちら ロゴマーク販売サイトのご利用が始めての方はこちら
ページの最初に戻る
ロゴのlogoexpert